耐震診断 耐震補強のことなら

大阪市、大阪府で耐震診断、耐震診断に関するお悩みなら…
創業 1976年の豊富な経験と実績で解決します!

鉄骨造、RC造、マンション、工場、店舗など実績多数

カスタムMV

お知らせ

MORE

大阪府内で耐震診断、耐震補強で少しでも不安があれば、いつでも・どこでも・どんな用件でも喜んで対応させていただきます。


S造、RC造、SRC造、S+RC造など、どんな構造、どんな規模でも対応可能です。

三重県の、意匠~構造~監理まで一貫して対応可能な設計事務所。耐震診断・補強、12条5項報告等【株式会社堀口建築設計】

HPをご覧いただきありがとうございます。
弊社は1976年の創業以来、様々な業務を行ってきました。
意匠設計・監理・構造設計はもちろん、耐震診断・補強設計・12条5項の報告、実施図・施工図の図面作成代行業務も行っています。
個人のお客様、施工会社様、設計事務所様からの様々なニーズに対応しておりますので、建物のこと、建築設計、構造設計でお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

大阪の耐震診断、耐震補強をご検討されているなら


耐震診断、耐震補強で不安なところはありませんか?

そんなに古い建物じゃないからうちは大丈夫と思い込んでいませんか?

 

昭和56年以降の建物だから、耐震診断、耐震補強は必要ないと思っていませんか?

確かに阪神・淡路大震災では昭和56年以降に建築された比較的新しい建築物の被害の程度は軽く、現行の新耐震基準は概ね妥当であると考えられています。

しかし、震災から約25年が経ち確実に建物の老朽化が進んでいます。

例えば、、、

・建物の壁や基礎の部分にひび割れがあったり、クラックが入っていませんか?

・見た目はどこもわるそうじゃないけど、柱など見えない部分が錆びているかもしれません

うちは大丈夫と思っていても耐震診断、耐震補強が必要な場合があります。

また建てられた年月に関係なく地震に強いか弱いかは、様々な条件が関わってきます。

建物の形、間取り、基礎部分の仕様、地盤の状態などで耐震診断、耐震補強が必要な場合もあります。

どちらであっても、工場やビルなどで働くたくさんの従業員、住宅やマンションに住む家族、たくさんの命に係わるとても重要なことです。また倉庫やコンクリートブロック塀などの耐震診断、耐震補強も忘れてはいけません。

 

しかし実際に耐震補強するとなると、会社を営業しながら、とか工場のラインを止めずに、今の家に住みながら、耐震診断、耐震補強できるのかな?費用はどれくらいかかるのかな?などいろいろわからないことや不安があると思います。

できるだけ操業を止めずに耐震補強できる方法がある場合もあります。

また一番気になるのが費用面だと思います。しかし地震で倒壊してしまったり、住めなくなってしうともっと費用がかかってきます。各自治体で耐震診断、耐震補強の補助金制度があるところもありますので、全額負担しなくてもいいかもしれません。

 

弊社は、耐震改修促進法制定以来、多くの公共建築物を始め、工場、事務所などたくさんの建物の耐震診断、耐震補強の実績がございます。

またそれほど急いでいない、お金をかけたくないお客様向けサービスとして、「簡易耐震性チェックサービス」を行っております。

お客様が地震と建物のことを考えるきっかけになることと思います。

 

簡易耐震性チェックサービス

簡易耐震性チェックサービスとは

設計図と、現況の状況を目視、非破壊にて確認し、それらを比較、検討することで、

おおまかな地震に対する安全性の目安をお伝えするサービスです。

 

簡易耐震性チェックサービスを利用することで御社が得られる4つのこと

  1. 建物が地震に対して安全か、それとも地震に対して倒壊するリスクがあり、より詳細な耐震診断が必要かどうかが分かります。
  2. 複数の建物の耐震診断や、耐震補強を検討する場合、それらの優先順位をつける目安になります。
  3. 建物のどの場所が弱いか、どこから壊れはじめるかを予想することが出来ます。
  4. 設計図通りに建築されているか確認が出来ます。

 

このサービスを無料で提供させていただきます。

 

■用意していただきたい資料

・確認申請時の図面、施工図、増改築
 図、などの 設計図のコピー

・建築年が分かる資料 など、、、

 

■具体的に調べること

・建物と設計図に相違がないかどうか
 のチェック
・柱、梁部材寸法の確認
・柱、梁接合の確認
・柱脚の確認 など、、、

 

 

大阪で申請できる耐震関係の補助制度

大阪府

木造住宅の耐震診断・改修設計・改修工事の補助制度

危険なブロック塀等の除却補助制度

特定既存耐震不適格建築物耐震診断補助

特定既存耐震不適格建築物耐震改修設計、改修工事補助

広域緊急交通路沿道建築物耐震化促進事業

 

大阪市

民間戸建住宅等の耐震診断・改修等補助制度

民間マンションの耐震診断・改修補助制度

耐震診断義務化建築物に対する補助制度

堀口建築設計の強み

  • 耐震診断、補強設計いたします

    木造、鉄骨、RC造すべて対応可能です

    1
  • 構造設計一級建築士が在籍

    どんな規模、構造の建物でも対応可能です

    2
  • 意匠~構造~管理まで対応可能

    まとめることで、費用と期間が短縮できます

    3
  • 12条5項の報告の実績が豊富

    条件満たせば検査済証が無い建物でも申請可能

    4
  • 大阪府内で実績多数!!

    大阪に営業所があるので迅速に対応致します

    5

施工事例の紹介

一覧を見る
お気軽にご連絡ください。(代) 0595-66-3990 【受付】9:00~18:00 【定休】土日祝
メールでのお問い合わせはこちら CLICK

堀口建築設計が出来ること


鉄骨造、RC造の新築建物、構造設計業務

 

ルート3の適判対応可能、ルート2、ルート1など全ての計算ルート対応可能です。また、大スパン構造物、複雑な形状の建物、短納期、対応可能です。基本的に、構造計算~構造図作成~審査機関対応まで一式行います。

 

 

耐震診断・耐震補強(民間、公共建築とも)

 

RC造、S造の2次診断、3時診断での耐震診断、耐震補強設計対応可能です。また判定会の対応も可能。木造の助成金に対応した耐震診断、耐震補強設計も対応可能です。

 

 

上部システム建築の基礎の設計、EVの設計、架台、鉄塔、看板、擁壁、水路橋、工作物の設計、及びそれらの申請対応など

 

通常の上部構造+基礎構造一式の構造設計でなくても対応可能です。また、既存建物や架台、工作物においての構造チェックや検討も行っています。EVの申請や工作物の申請業務も対応可能です。

 

 

12条5項の報告、旅館業、簡易宿所、民泊の申請関係、コンクリートブロック塀の診断・補強、など

 

他の設計事務所様がなかなか対応できない12条5項の報告(構造チェックが求められるものや、構造遡及があるものも対応可能)や既存建物の用途を変更しての旅館業、簡易宿所、民泊を行う際の申請関係業務及び改修設計、補強設計なども行います。

 

 

ご依頼の流れ

  • Step1 お問合せ

  • Step2 内容の確認

  • Step3 お見積り(概算)

  • Step4 下調査、業務範囲、業務内容の確定

  • Step5 お見積り(精算) / 契約

  • Step6 業務着手

  • Step7 納品

  • Step8 完了 / お支払い

よくある質問

    プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 株式会社 堀口建築設計. All rights Reserved.